大井川鐵道~初冬の第二橋梁

12月15日(日)

今年最後の大井川鐵道SLの撮影に行く
12月2日から3月21日まで1日1往復のSLだが、この日だけはJR東海のさわやかウォーキングでSLを貸切運転するので今年最後の1日2往復の日

1日1往復では一度しかシャッターチャンスがないのでこういう日は逃さずに出かけたい・・・

と思って出かけたのだが、お馬鹿な私は時刻表を持っていくのを忘れたためにうろ覚えの時刻でSLを待つ。

神尾では10時半頃と思って待ち構えたんだけど、うろ覚えの時刻表はやっぱりあきません。

10時40分を過ぎてもやって来ないのでそもそもさわやかウォーキングの開催すら「あれれ?」の疑心暗鬼でその場を離れ第二橋梁へ向かうのだが、神尾の隣の福用で10人近くのカメラマンがSLの来るのを待っているのではないか・・・アレレレ!?(・_・;?やっちまったかぁぁぁぁぁl~..._| ̄|○ l|l|l

福用でSLを捉まえる時間が有ったかどうか?たくさんのカメラマンを尻目に第二橋梁へ向かうのだが、駿遠橋を渡っている時に家山駅に入るSLを目撃。Σ(゚д゚lll)ガーン
家山駅で1分間の停車時間があるが、急げばこの先でSLを捉まえられる?ベタな撮影ポイントだが、「SLの見える丘公園」に車を滑り込ませ、あたふたと三脚をセット。満足なセッティングも出来ないままやって来たSLをp[【◎】]ω・´) パシャ!

抜里駅を過ぎて第一橋梁へ向かうSL
b0182547_224833.jpg



第一橋梁を渡るSL
b0182547_22495936.jpg

風がなかったら煙が長くたなびくのも期待できたんだけど、この日は生憎の強風でOUT!


SLが第二橋梁を渡るのを見届けてすぐさま後を追いかけたんだけど、下泉で捉まえそこなって(車のドアを開けたらSLがやって来ちゃった)やっぱり先回りして待ち構えるのは無理と追いかけるのを諦めた。

第二橋梁に着いた時はSLが行った後で、たくさん居たカメラマンも半数は引き上げていった。それでも一番の撮影ポイントには引き続き次のSLを待つカメラマンの三脚が後から来たカメラマンを拒んでいる。

仕方ないのでその後方で何とか先客が入らない位置に三脚をセットして1時間後に来るSLを待つ

次のSLは終点の千頭駅に13時9分着なので手前の崎平はその5分くらい前に通過するはずである。時間はたっぷりあるので何度もセッティングを確認しながら時間を過ごす。実はこの間が案外楽しかったりする。(楽しいという意識はないが、時の過ぎるのを忘れさせてくれる)

が・・・居合わせたカメラマンが「通過は1時4分」と言っていたその時間を過ぎてもいっこうにSLはやって来ない。この場に一人だけ待ち構えていたら、神尾の時と同じように諦めてその場を離れていたかも知れない。私の他に6~7人のカメラマンが居たおかげでSLが来るのを信じて待つことが出来た。

SL川根路1号は20分遅れでやって来た。

b0182547_2353616.jpg


満足な1枚はこれだけだけど、何もなしの手ぶらで帰ることを思えば良しとしなくてはな・・・
[PR]
by shio622 | 2013-12-15 23:08 | 大井川鐵道
<< 2014_迎春 奥浜名湖に落ちる夕日 >>