秘境駅へGO!その3

下り道なので歩みも軽やかに進んでいくとまもなく視界が開けて天竜川の対岸(と信じてた)に南信州の山々が・・・

b0182547_22112783.jpg


ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!あんな山の上に家が建ってるぅ
目を左の方に移せばあちこちに紅葉した山肌を見せる赤石山脈

b0182547_22144896.jpg



天竜川が視界に現れないのは手前の木々のせいかしらん?

持ってきた地図はPCからプリントアウトしたもので道路にしたって大雑把な線形しか分からない
歩きながら何度も地図と見比べ、自分が歩いた軌跡と重ね合わせてみるんだけど、なんか合わないんだよねヽ(~~~ )ノ ハテ?

変だなあ・・・と思いながらどんどん歩いていく
もうそろそろ中井侍に近づいたんじゃないか?って思った所に静岡県と長野県の県境を示す看板が現れて疑問はピークに

きっとこの時の私の頭の上には「?」マークが3つも4つも見えていたに違いない

それでも、道はこの1本しかないから歩いていく内に中井侍に行き着くに違いない
何にしてもUターンして小和田駅へ戻るには時間を使いすぎた


この日、小和田駅で電車を降りてから人っ子一人会っていないし、今歩いている比較的広い道路にしても車1台出会っていない

まさに秘境!!

心なしか半べそ状態になりながら歩き続けたら、後ろから車が走ってくるのが聞こえたので躊躇することなく手を振りその車を止める

車の方もこんな秘境を一人で歩いているのを見とがめたのだろう
制止に快く車を止め、ウィンドウを下ろして「何事か?」とこちらを伺う

「道を教えて欲しいんですが」
「道?この辺りのことはあまり分からないなあ・・・」
え!地元の人じゃないの?

「中井侍へ行くのはこの道で良いんですか?」
運良くその人は中井侍のことは知っていて
「中井侍ならすぐそこですよ」
と教えてくれる。

地図がどうにも信用できない私は
「中井侍へ降りる降り口はすぐに分かりますか?」

車、ちょっと考えて
「分かりますよ。送るので車に乗って下さい」
と、親切に言ってくれたのだが

お馬鹿な私は
「すぐそこですよ」と言う言葉に元気を取り戻しちゃっていたから
「いえ歩くのが趣味ですから歩いていきます」

って、後でどえらい後悔しちゃった..._| ̄|○ l|l|l

私が同乗を断ったので車はそのまま行っちゃって、私は元気に歩き出したんだけど
「すぐそこですよ」って言われた割に中井侍への降り口らしいところになかなか行き着かない。

アレレレ!?(・_・;?
ひょっとして車だから「すぐそこ」なんであって、歩いたらとんでもない距離だったの?

再び泣きべそ状態になりかけた時前方から車が走ってきた

あれ?さっきの車?

その車は私の横で停まるとウィンドウを下げ、「乗って下さい。送りますよ」

地獄で仏を見た思いの私。今度は遠慮なく乗せていただくことにしました。

助手席に乗せてもらい走り出す車
後ろのシートには奥様と小さなお子様を連れ、「連休だから何処か温泉でも探して泊まりに来た」
どうも行き当たりばったりで来たのかな?乗せてもらった嬉しさもあったのかいつになく饒舌な私

聞かれるでもない、こちらからどんどんしゃべり出す
話している内にこの一行が豊橋から来ているのが分かった

私の家の町名を言うと割と近くにお勤めだと言う。土曜日も休みじゃないから23日の祝日と日曜日の連休が嬉しくてどこかに泊まりに出て来たんだって。土日も休みの私には当たり前の週末。

若い夫婦にはこんな連休が堪らなく嬉しいんだろうな。そんな嬉しいお出かけを邪魔しちゃって・・・

載せてもらってからかなり走る
天竜川の対岸と思って撮ったさっきの集落の中を走り抜ける時、「さっき見えた集落だね」って奥さんとご主人が話している。座席で地図をさんざん見ながらまだ頭の上に「?」が2つばかり残っている私

あれ?あの集落へ行くには天竜川を越えなきゃいけないんだけど・・・

車で10分か15分走ったかな?かなり走ったように思えるから歩いていたらとんでもないことになっていた

ご主人の話だと「一度だけ中井侍へ来たことがあり、間違って人家の中に入っていった」んだと。だからその時の想い出として中井侍を覚えていたんだろう。降り口も「ここだな」ってすんなり降りていく・・・狭い道を対向車でも来たらどうする?ってつぶやきながら


狭い道をどんどん下っていくと中井侍の集落を抜ける。ここは秘境と言うにはふさわしくない雰囲気で途中にはみかん狩りの子供達の姿も見えた


やがて車は行き止まり
どうやらここが中井侍の駅らしい
b0182547_2302068.jpg



車から降りる時、どうにも感謝したかったので「住所か電話番号を教えて下さい」って言ったんだけど
「良いですよ。同じ豊橋の人だから」

って、走り去る車に思わず手を合わせちゃった
[PR]
by shio622 | 2013-11-25 23:02 | JR東海飯田線
<< 秘境駅へGO!その4 秘境駅へGO!その2 >>