タグ:豊橋市 ( 8 ) タグの人気記事

普門寺

普門寺(ふもんじ)は、愛知県豊橋市にある高野山真言宗の寺院。
山号は船形山(せんぎょうさん)。
本尊は聖観音菩薩。
豊橋市の紅葉スポットとしても知られる。

6月は紫陽花

b0182547_15253194.jpg
仁王門


b0182547_15292986.jpg
鐘楼門


b0182547_15295538.jpg

b0182547_15303728.jpg


b0182547_15311264.jpg
鍾楼門を横から

b0182547_15315424.jpg
本堂は少し山を登った所にあります。


寺務所を訪ね、頂いた御朱印
日付が入ってないけど、訪れたのは6月28日
b0182547_15324646.jpg





[PR]
by shio622 | 2017-07-15 15:38 | 寺社巡り | Comments(0)

赤岩寺

豊橋市内にある数少ない古刹の一つ

この寺は聖武天皇の勅願により行基が神亀3年(726年)に創建、赤岩山法言寺と称したが、
天安元年(857年)弘法大師空海の十大弟子の一人杲隣上人が中興し、
真言宗にあらためたという。

b0182547_20511821.jpg
仁王門


b0182547_20515164.jpg



b0182547_20521061.jpg


b0182547_20525296.jpg
訪れたのは6月28日
まだあじさいの色が濃い頃でした。

b0182547_20541389.jpg
中門


b0182547_20545457.jpg
本堂


b0182547_20561747.jpg
愛染明王堂


頂いた御朱印は2種類で
いずれも書置き(印刷)に
b0182547_20592887.jpg



b0182547_21014405.jpg






[PR]
by shio622 | 2017-07-09 21:03 | 寺社巡り | Comments(0)

吉田神社

吉田神社は京都と水戸にもあるけど地元豊橋にある吉田神社
地元でもあり、いつでも行ける場所なんだけど、
4月16日、豊橋駅開催のさわやかウォーキングで改めて行ってきました。

b0182547_21311287.jpg

吉田神社は豊川のほとりにあります。
豊橋は江戸時代には吉田宿として栄えた宿場町
吉田藩の城下町でもあり東三河一帯のお祭りで出される手筒花火発祥の地
b0182547_21342053.jpg


b0182547_21391227.jpg


b0182547_21401535.jpg
拝殿
実はここで結婚式を挙げたのです


b0182547_21411924.jpg

市内のソメイヨシノは満開を過ぎていますが代わりに八重桜が見事でした
b0182547_21422198.jpg

b0182547_21441139.jpg
吉田神社の絵馬
なんか笑える・・・


b0182547_21461729.jpg

社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_21452733.jpg

主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)
他、相殿に持統天皇を祀る。

吉田神社は手筒花火発祥の地でもありますが、
この地方のお祭りでよく奉納される笹踊りも
朝鮮通信使が吉田神社に伝えたのが始まりとされます。



[PR]
by shio622 | 2017-04-23 21:50 | 寺社巡り | Comments(0)

安久美神戸神明社

2月11日
今回のさわやかウォーキングは
天下の奇祭『豊橋鬼祭』とあったか~い豊橋カレーうどん
豊橋駅スタート、ゴールの9.7km、所要時間約2時間30分の手ごろなコース

地元開催なので8時半過ぎにスタート
今回コースの目玉?鬼祭の行われている安久美神戸神明社には9時過ぎに到着

一の鳥居前の屋台
右の屋台で売られている赤い物は短切り飴
なぜ短切り飴か?って言うと、昔この地方でよく栽培されていた
さつまいもから作られる飴が
この祭りでは厄除けの短切り飴として授与されているから
b0182547_22580507.jpg

二の鳥居
b0182547_22585238.jpg

拝殿前の八角と呼ばれる舞台
この上で様々な神事が執り行われます。
b0182547_23043168.jpg

まずは拝殿でお詣り
b0182547_23054190.jpg

拝殿の隣で厄除タンキリ飴を授与
b0182547_23062320.jpg

一つ頂きました。
b0182547_23085653.jpg

これは飴撒き神事でも運が良ければ拾えるます。かなりの確率で拾えるんだけどね


この後、社務所の方で御朱印を頂くのですが、社務所の方でも
短切り飴を求める人が殺到していて?御朱印を授与するのに少し時間がかかるとか

なので少し境内で時間つぶし

なぜか樽の賽銭箱が置いてある
b0182547_23142686.jpg

こじんまりとした猿田彦神社がありました。
b0182547_23154792.jpg

多角経営?
b0182547_23164887.jpg

絵馬はごく普通の絵馬
b0182547_23173069.jpg

安久美神戸神明社らしいのはないかな?・・・・と

ありました

鬼の絵馬
b0182547_23191763.jpg


b0182547_23203610.jpg


時間つぶしの後で頂いた御朱印
b0182547_23215357.jpg
鬼の字が変?
豊橋鬼祭の鬼は角がないのです


あまりに早く着きすぎちゃったので、午後2時からの「天狗と鬼のからかい」まで
待っていられません。ゴール受付は午後3時

なので鬼祭最大の見物、「天狗と鬼のからかい」は2011年のを蔵出しで・・・・

b0182547_23270633.jpg

b0182547_23273917.jpg

b0182547_23290387.jpg

見ての通り、大変な数の見物客です。
12時過ぎにゴール受付を済ませてからもう一度来ても、
いいカメラポジションは取れそうにありません。

なので諦め・・

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

安久美神戸神明社の公式HPより

御由緒
天慶三(940)年、平将門の乱平定の報賽として、朱雀天皇より伊勢神宮に三河国の
飽海荘(あくみのしょう)が寄進されました。その際、伊勢神宮祭主の庶流大中臣基守
がこの地の司として赴き、天照皇大神を奉斎して地域の繁栄を祈願したのが当社の始ま
りと伝えられております。この地で作られた米・酒・絹・油・糸・紙など毎年伊勢神宮
に奉献されていたことが、神宮雑例集等に詳しく記載されております。当社の社名は、
この地域「安久美(あくみ)」の「神戸(かんべ・伊勢神宮の神領地)」に創建された
「神明社(しんめいしゃ・天照皇大神を祀る神社)」という意味です。


主祭神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
配祀(主祭神とご一緒にお祀りされている神様)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
応神天皇(おうじんてんのう)
火産霊神(ほむすびのかみ)
武甕槌神(たけみかづちのかみ)
経津主神(ふつぬしのかみ)
菅原道真命(すがわらのみちざねのみこと)

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

この後、梅まつりが行われている向山梅林園に行ったのですが、
梅はまだ蕾の木が多く、見ごろは少し先の用でした。

b0182547_23390261.jpg

b0182547_23392852.jpg

寒かった一日で、「天狗と鬼のからかい」が奉納されている時間、市内は雪が舞っていました。






















[PR]
by shio622 | 2017-02-11 23:41 | 寺社巡り | Comments(2)

東田神明宮

東田神明宮は職場から比較的近いのに、その存在を最近まで知らなかった。
豊橋市に移り住んで結構長い時間が過ぎているのだが、市役所より東の神社
と言ったら、安久美神戸神明社しか知らなかったから・・・

東田神明宮でも祭礼には手筒花火の奉納があるらしいから、次の機会には是非
行ってみようと思う。

b0182547_17125987.jpg

手水所の水はまだ氷が残っていました。
b0182547_17135509.jpg

本殿
神明社らしく質素です。
b0182547_17151619.jpg

絵馬
b0182547_17162817.jpg

つぼみが膨らみかけた枝垂れ梅の枝におみくじ
春よ早く来い!
b0182547_17172589.jpg

御朱印
b0182547_17190245.jpg



✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

社伝によると、平安朝初期醍醐天皇延期二年(西暦902年)勅旨田飽海壮に
神宮領御園職員令による園池司正として神宮禰宜一人 他に佑一人 令史一人
使部六人を使わされ榊山本社に天照皇大神を祀り 本社東五百間(後の仁連木城)に
豊受大神を祀り 本社東三十間に猿田毘古神を祀るとある如く、伊勢神宮の御分霊
を奉斎する古いお社である。

例祭には大筒、手筒の花火が多数奉納され浦安の舞、豊栄の舞、稚児神楽が奉奏される。
東田神明宮の氏子の戸数は、二十六ケ町、五千戸を数え、豊橋市内最大の神社である。

東田神明宮
豊橋市御園町六番地十六

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂




[PR]
by shio622 | 2017-01-22 17:20 | 寺社巡り | Comments(0)

二川伏見いなり

二川伏見いなりの創祀は京都・伏見稲荷大社から御分霊を頂いた
明治43年と比較的新しく、当初は豊橋市松葉町で布教が行われたが
手狭となったため、昭和2年に現在の地に遷った。

境内には御衣黄桜が20本植えられており、4月初旬の満開の時期には
何度か訪れたことがあるのだが、御朱印を頂きたくて季節外れの
この時期に行ってきました。

b0182547_22542437.jpg

訪れたのは今年一番の寒波が襲った後の1月15日
手水舎の水も凍っていました。
b0182547_23204880.jpg

本殿の裏山には6ヶ所の峯社と摂社、末社がお祀りされていて
それらをぐるりと巡るのは山の清澄な空気と相まってちょっと
独特な気持ちになります。
b0182547_22544566.jpg


b0182547_22590598.jpg
一ノ峰 末大神 芸能の神
b0182547_23023901.jpg

こんな感じの小さな社が11社



頂いた御朱印

b0182547_23053629.jpg

神道伏見稲荷東洋大教会(二川伏見いなり)
豊橋市大岩町西郷内160

JR東海道線二川駅より徒歩8分





[PR]
by shio622 | 2017-01-21 23:08 | 寺社巡り | Comments(0)

牟呂八幡宮

牟呂八幡宮は文武天皇元年(697年)の創立と伝えられ、従五位牟留天神(むるのてんじん)
を祀っているた。文治二年(1186年)境内に武神として八万大菩薩を併祀した。建久二年(1191年)
鎌倉から八幡神を勧請した。この頃、武家が敬う八幡神が次第に厚い信仰を得ており、遂に貞応元年
(1222年)鎌倉将軍の命により鶴岡八幡宮にならい境内の改装をし、牟呂八幡宮となった。

御祭神は、
品陀和気命(ほんだわけのみこと)(応神天皇)
息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)


『ええじゃないか』発祥の地

江戸時代末期の慶応3年(1867年)7月14日、渥美郡牟呂村大西で「ええじゃないか」騒動の発端となった
とされるお札降りが発生し、やがて8月から12月にかけて、近畿、四国、東海地方などで発生した騒動。
「天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ。」という話が広まるとともに、民衆が
仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。

b0182547_22324460.jpg

b0182547_22330390.jpg

b0182547_22332472.jpg

b0182547_22335728.jpg

b0182547_22343156.jpg

御朱印にある通り、牟呂八幡宮では春の例大祭に相撲神事が行われます。
その年の豊凶を占うもので勝てば農作物が豊作となる。負けたら・・・

と言うことで、今日では一勝一敗の引き分けとしている。




牟呂八幡宮:豊橋市牟呂町郷社1








[PR]
by shio622 | 2017-01-19 22:40 | 寺社巡り | Comments(0)

羽田八幡宮

隣の校区にある羽田八幡宮
近いのでちょいと御朱印を頂きに行ってきました

白鳳元(672)年の創建とも文武天皇2年(698年)の創建とも伝えられ、
祭神は応神天皇、神功皇后
豊橋「三大祭」の一つと言われる「羽田祭」は
、毎年10月の第1週の土・日に行われ、
奉納手筒煙火などが盛大に行われています。



b0182547_20511597.jpg
また境内では毎月1と5のつく日に朝市が行われています。

b0182547_20530662.jpg
国の登録有形文化財の羽田八幡宮蔵(旧羽田八幡宮文庫)を有しているためか
筆塚なんかも鎮座しています。
b0182547_21005581.jpg
b0182547_21013210.jpg
併設の栄川稲荷
b0182547_21022178.jpg


ちょっち寂しい天満宮
b0182547_21025069.jpg

神明宮
b0182547_21040480.jpg
羽田八幡宮の社格は郷社

なので?いろんな神が祀られています


御朱印を頂いたのは12月18日
改めて写真を撮りに行ったのが1月2日のことです。
b0182547_21134224.jpg


[PR]
by shio622 | 2017-01-03 21:19 | 寺社巡り | Comments(0)