タグ:新城市 ( 7 ) タグの人気記事

慈廣寺

愛知県新城市中宇利大幡4にある曹洞宗のお寺
山号は乳峯山
御本尊は聖観音菩薩

ここには蓮の咲く時期に行ったことがあり、
今回は浜松市にある半僧坊へ行く途中に立ち寄りました。


b0182547_17241489.jpg
山門


b0182547_17244156.jpg
本堂


b0182547_17250802.jpg
蓮は6月末から咲き始めていたみたい


b0182547_17252446.jpg
此処の蓮は全て鉢植えです。
池の蓮と違い、すぐ横で接写できるので蓮好きのカメラマンがよく訪れます。


b0182547_17281972.jpg
マクロレンズを持っていなかったので朝の雫のアップは撮れませんでしたが、
今の私には広角レンズ1本で十分

b0182547_17302454.jpg
慈廣寺の願掛け絵馬


b0182547_17305969.jpg



b0182547_17312136.jpg
2本の幹が途中で繋がっていて、縁結びの木とされる欅



本堂横の庫裡を訪ね、御旬を頂きました。
b0182547_17334908.jpg








[PR]
by shio622 | 2017-07-17 17:34 | 寺社巡り

龍岳院(4月)

4月2日

この日は御朱印対応が午後だけなのでいつにもまして混雑
2時間45分ほど待ちました。

b0182547_21091509.jpg
4月は「学」の文字を入れてくれました。新入学、進学と言うことでしょうか?

b0182547_21085956.jpg

b0182547_21115986.jpg

b0182547_21113630.jpg

b0182547_21122061.jpg

大脇薬師で薬師如来の御開帳があったとかで・・・
b0182547_21124113.jpg


b0182547_21134905.jpg

私の愛猫の「めんま」と「らんま」を入れっていただきました。
御朱印代は〆て2100円

痛い出費だワン











[PR]
by shio622 | 2017-04-10 21:16 | 寺社巡り

龍岳院(3月)

3月25日
遅まきながら3月の御朱印を頂きに龍岳院へ行ってきました。
相変わらずの人気で、9時半過ぎに着いたのに整理番号はすでに18番
(この日の対応は9:00~と13:00)

書家でもある住職が対面で一人ひとり話をしながら書いてくれるので
順番が回ってくるまで1時間半ほど待ちました。

3月の御朱印
b0182547_20384696.jpg

b0182547_20391683.jpg


b0182547_20412421.jpg


b0182547_20414540.jpg





[PR]
by shio622 | 2017-03-25 20:39 | 寺社巡り

龍岳院(2月)

2月最後の週末、龍岳院に2月の御朱印を頂きに行ってきました。
もっと早く行きたかったんだけど、私の都合のいい日は住職不在の日ばかりで
とうとう2月最後の週末になっちゃった。

猫を愛する住職らしく、猫の石像がお出迎え
b0182547_23561556.jpg

1月は上手く撮れなかった猫ちゃん
今回は少々ましなのでアップします。
b0182547_23575860.jpg

福井県の猫寺、御誕生寺から貰われてきたリオ君

b0182547_00014035.jpg

↑は小さな蜘蛛を見つけて遊んでいるところ。
最後に食べちゃったみたいだけど・・・・

2月のシークレット御朱印
b0182547_00035101.jpg

シークレットとはホームページに載せていない御朱印で
ここで買った御朱印帳にしか書いてもらえない御朱印なのです。
b0182547_00032930.jpg
あと3種類頂いたけど、まだPCに取り込んでないのでそのうちに・・・











[PR]
by shio622 | 2017-02-27 00:07 | 寺社巡り

龍岳院(1月)

龍岳院は曹洞宗のお寺
ご本尊は摩利支尊天らしい
と言うのも曹洞宗のお寺ではお寺によってご本尊が違うことがよくあるそうです
田原の実家が浄土真宗の私には良く分かりませんが
それと
新城市は曹洞宗のお寺が多いなって言うのが私の感想。

さて

このお寺のことを知ったのはあるブログを見てのことだが、
オリジナリティ溢れる御朱印を頂きたくて、
しかも御朱印は毎月変わるらしい・・・



龍岳院は地方にあっては当たり前の大きさのお寺
b0182547_22083280.jpg

入口の石板
訪れる人にやさしく語り掛けます
b0182547_22125903.jpg

山門
b0182547_22145957.jpg


龍岳院本堂
御朱印の授与はこの中で行われていました。
b0182547_22160419.jpg
正面が閉め切っていたのは寒さから本堂内を守るため。
お客さんを温かくもてなしたいという配慮から

撮影は自由になさってくださいと言われたけど
遠慮してこの1枚だけ
b0182547_22183863.jpg
写真右側に椅子が並べられています。
これは御朱印の出来上がりを待つ待合室みたいなもの

龍岳院のご住職は有名な書家
去年1年分の御朱印をしたためた御朱印帳が閲覧用に置かれていたので
ぱらぱらと見させていただきます。

龍岳院オリジナルの御朱印帳も販売されているんだけど、あいにく品切れで、
代わりに何も書いてない表紙に好きな言葉を入れるサービスも好評。

書いていただいた言葉
楽しみが進みますよう
b0182547_22454575.jpg
他の方はペットの名前を書いてもらう人が多かったです。
と言うのも、ここは動物愛護を支援しているお寺。
飼い猫も福井県越前市の御誕生寺から引き取ってきた猫だそうです。
その猫ちゃん、人懐っこくて足元にきてスリスリ
じっとしていないから写真を上手く撮れなかった。
いつか撮ってやる~


さて、番号札で7番の私
一人ひとり、会話をしながらゆっくりと書いていくのと
表紙に書いてもらった墨の乾く時間の待ち時間を合わせて
1時間ほど掛かりましたが
やっと手にした御朱印

b0182547_22541324.jpg

そして1月はこれ
b0182547_22535915.jpg

とりの一年

そして、とりの絵も ”と” と ”り” で出来ています。

もう、ご住職ったらお茶目なんだからあ


ああ
こんなの頂いたら2月も行かなくっちゃな










[PR]
by shio622 | 2017-01-14 22:59 | 寺社巡り

鳳来山東照宮

三大東照宮の一つと言われる鳳来山東照宮
御祭神は源朝臣、徳川家康
合祀 鎮守三社(山王権現、熊野権現、白山権現)

三大東照宮(さんだいとうしょうぐう)とは、東照大権現などとして徳川家康を祀る東照宮の中で、
由緒などから鑑みて、主要な三つの東照宮の総称である。

日光・久能山の両東照宮は動かないが、最後の一社が問題となる。
一般的には四つの東照宮(世良田・仙波・滝山・鳳来山)が候補に挙がることが多い。

鳳来山東照宮が三大東照宮の一つとして挙げられるのは
家康の父母が子供がないことを嘆いて一緒に鳳来寺峯薬師に参籠したら
その証があって家康を懐妊、出産した。
と言うところから来ているようです。

東照宮へ登っていく石段
いきなり東照宮なのは、本来の参道を通ってきてないから
b0182547_22413965.jpg

拝殿でお参り。
正月3日なのでまだ参拝客はボチボチ居ました。
b0182547_22434601.jpg

拝殿を横から。奥に本殿が見えます。
b0182547_22452986.jpg

あまり本殿の方に行く人はいないのですが、自由に行けるのです。
石灯篭2基慶安四年辛卯九月十七日の記しがある。
b0182547_22483855.jpg

この奥に本殿があるのですぞ。
b0182547_22532591.jpg
ここにもお賽銭をあげて引き返します。

b0182547_22554727.jpg
東照宮を取り巻く杉の木立

社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_22571813.jpg













[PR]
by shio622 | 2017-01-13 23:02 | 寺社巡り

鳳来寺

1月3日
正月休みはどこも人で一杯なのは分かっているが
車が使える貴重な?日なので車でないと行けない所へ
最初目指したのは新城市庭野にある龍岳院だが、行ってみたら
御朱印の授与は午後1時から

それなら時間つぶしに鳳来寺へ行って来よう
鳳来寺も秋の紅葉の時くらいしか行ってないし、
それも最近ので5年位前・・・

鳳来寺には石段の数が1,425段ある参道を登っていくのが本来のコースだが
高校時代に上って以来、「2度とごめんだ!」ってくらいしんどいのです。

今は鳳来寺パークウェイで車で山頂駐車場まで行くのがもっぱら。

なので当然らくちんコースへ

駐車場に着いてみれば正月3日と言うこともあってか?結構な混み具合。
なんとか係員に空きスペースへ誘導してもらい、いざ鳳来寺へ

駐車場で誰かが「鳳来寺田楽をやっている・・・」と言う

ああ、そう言えば今日は1月3日なんだった。

駐車場から鳳来寺の本堂へ行く道は本来の参道ではなんだけど
ま、一応参道を行くと言っておく

鳳来山東照宮の前を通過するとき、先に寄ろうか一瞬迷ったが
どのみち目と鼻の先
鳳来山東照宮は後回しにします。


鳳来寺本堂
b0182547_21514152.jpg

本堂の前の建屋の中では田楽の奉納が行われていました。
b0182547_21521263.jpg
鳳来寺田楽も一部始終を一度見ているので長居はしません。
本堂の横から奥の鐘楼へ


背面に切り立った崖があるけど、いまいち表現できない
b0182547_21594360.jpg

↓石段の参道を降りていく人
b0182547_22022044.jpg
登るのも大変だけど、降りるのも大変
降りきる頃には膝が諤々笑っちゃいます。

鐘楼
b0182547_22041078.jpg

本来は駐車場から来る偽参道から谷越えで撮るのがベストなんだけど
広角レンズ1本しか持ってないからどうしても接近戦になっちゃう。

あまり見どころもないので引き返して御朱印を頂きました。

b0182547_22070186.jpg


✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

寺伝では大宝2年(702年)に利修仙人が開山したと伝える。
利修は霊木の杉から本尊・薬師如来、日光・月光菩薩、十二神将、四天王を彫刻したとも伝わる。
文武天皇の病気平癒祈願を再三命じられて拒みきれず、鳳凰に乗って参内したという伝承があり、
鳳来寺という寺名及び山名の由来となっている。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂




[PR]
by shio622 | 2017-01-12 22:09 | 寺社巡り