タグ:御朱印 ( 85 ) タグの人気記事

野田八幡宮

4月1日
さわやかウォーキングで刈谷市の野田八幡宮に行ってきました。

野田八幡宮は「八幡大神(応神天皇)」・「大郎子命」・「物部祖神」を祀っています。
 刈谷市内では一番位の高い神社であり、現在は末社が23社あります。
 この野田八幡宮は江戸時代から藩主の信仰が厚く、刈谷藩の時代には市原稲荷・知立神社と
並んで領内三社として位置づけられており、福島藩の時代には福島藩領の三河における総氏神
として敬われていました。

b0182547_21422428.jpg

例年なら4月1日は桜が見ごろのはずの当地なのですが、今年は桜の開花が1週間くらい遅い感じ
それでも野田八幡宮のこの桜だけが満開に近い感じでした。

b0182547_21451881.jpg

桜の奥に見えるのは刈谷藩初代藩主水野勝成が奉納した「総髪兜そうごうのかぶと」、
三浦義理が奉納した額や福島藩主板倉内膳正勝顕が奉納した灯籠などが展示してある記念館

b0182547_21501414.jpg

b0182547_21503664.jpg

頂いた御朱印
b0182547_21522214.jpg







[PR]
by shio622 | 2017-04-02 21:52 | 寺社巡り | Comments(0)

龍岳院(3月)

3月25日
遅まきながら3月の御朱印を頂きに龍岳院へ行ってきました。
相変わらずの人気で、9時半過ぎに着いたのに整理番号はすでに18番
(この日の対応は9:00~と13:00)

書家でもある住職が対面で一人ひとり話をしながら書いてくれるので
順番が回ってくるまで1時間半ほど待ちました。

3月の御朱印
b0182547_20384696.jpg

b0182547_20391683.jpg


b0182547_20412421.jpg


b0182547_20414540.jpg





[PR]
by shio622 | 2017-03-25 20:39 | 寺社巡り | Comments(0)

誉師山長満寺/瑞雲山本光寺

3月20日
さわやかウォーキングで幸田町の寺社巡りをしてきました。

まずは浄土真宗本願寺派の円宗寺
b0182547_22170066.jpg

赤い太鼓橋
昭和44年?の架橋です。
b0182547_22171810.jpg


本堂の扉が固く閉ざされており、見ただけでUターン
b0182547_22191158.jpg

誉師山長満寺
b0182547_22205437.jpg
山門の前に御朱印書きますって呼び込み?

山門をくぐると大きな木が何本も・・・
b0182547_22222470.jpg

長満寺は日蓮宗のお寺
b0182547_22232597.jpg
まだ沢山のお寺を巡ったわけではないけど、日蓮宗のお寺は初めてです。

取り合えず本堂の中に入ってお参り。

本堂の前で住職が御朱印を書いてくれていました。
b0182547_22281189.jpg

頂いた御朱印
b0182547_22292296.jpg
南無妙法蓮華経・・


郷社・深溝神社
b0182547_22310284.jpg

本殿
b0182547_22322534.jpg

泉法山 三光院
b0182547_22331140.jpg

三光院の山門
b0182547_22342370.jpg

三光院の近くの郷土資料館
なぜか?富士重工製のプロペラ機が展示してありました。
b0182547_22352983.jpg

瑞雲山本光寺
b0182547_22371485.jpg

此処には何度もアジサイの季節に来ているけど、今は裏山の椿

深溝松平氏の菩提寺だった本光寺
b0182547_22392626.jpg

本光寺で頂いた御朱印
b0182547_22423325.jpg


本光寺の境内では遅咲きの梅の花が咲いていました。
b0182547_22412185.jpg





















[PR]
by shio622 | 2017-03-24 22:43 | 寺社巡り | Comments(0)

龍潭寺/井伊谷宮

3月18日
今回のさわやかウォーキングは天竜浜名湖鉄道「天浜路ヘルシーウォーク」との共催
”井の国へ参る!直虎ゆかりの地めぐり!”

天浜線気賀駅スタート→金指駅ゴールの10.0km、所要時間2時間30分のコース


豊橋からだとJR東海道線新所原駅で天浜線に乗り換えるのだが、
天浜線の運行本数が少ないのと直虎人気で参加者が多いだろうと少し早めに家を出る。


それでも新所原駅で乗り換えの切符を買う時点から長蛇の列
混雑が予想されるのに、ホームにいた列車は一輌編成

すでに満席の列車に乗り込み、気賀駅まで立って行きました。

気賀駅前でコース図と参加記念のオリジナルピンバッジを受け取りスタートです。
まずは駅近くに新しく設けられたおんな城主 直虎大河ドラマ館(有料)へ

今回も居ました直虎ちゃんと家康君
b0182547_22255212.jpg

直虎人気を当て込んで作られた大河ドラマ館
b0182547_22294063.jpg
週末なので朝早くから結構賑わっていました。

気賀関所
b0182547_22340180.jpg
姫街道に作られたこの関所は浜名湖を挟んだ南にある東海道の新居関所と共に
入り鉄砲に出女を厳しく取り締まった江戸幕府の要衝です。

b0182547_22401589.jpg
こんな感じで取り調べをしていたのでしょうか?

気賀関所の隣に新しく出来ていた姫様館
b0182547_22412973.jpg

気賀宿の食事
享保3年(1718)当時の徳川吉宗の生母浄円院が紀州和歌山から江戸に向かう道中に
気賀宿に一泊した。その時のお付きの役人に出されたと考えられる夕膳と朝膳を再現したとある。
b0182547_22424986.jpg

b0182547_22512329.jpg

毎年4月の頭に行われる姫様道中行列に使われる籠
b0182547_22514590.jpg
気賀関所やこの姫様館は旧細江町役場(現北区役所)の前にあります。

蛙の水飲み
b0182547_22533701.jpg
蛙の表情が面白くて思わずパチリ

この一画には図書館なんかもあって、浜松市に合併後かなり開けた感じ。


郷社細江神社
b0182547_22583892.jpg

細江神社の御神木
b0182547_22593461.jpg
幼木の時から2本そろって500年以上細江の町を見守ってきた夫婦楠とある。

大きな木々に囲まれた本殿
b0182547_23013358.jpg


b0182547_23020722.jpg

細江神社から歩くこと3km
井伊共保公・出生の井戸
b0182547_21474777.jpg


住宅地の近くにあり、子供が落ちたら危険?
中は埋められていました。


b0182547_21481525.jpg

たくさんの10円玉と5円玉、1円玉・・・

井伊共保公・出生の井戸から程近くに今回のさわやかウォーキングで一番のお目当て
平安時代から井伊氏の菩提寺であったとされる龍潭寺
b0182547_21484578.jpg

国指定の名勝と数々の文化財を有する龍潭寺はいつ行っても観光客が絶えないのですが
直虎人気でその人気がさらにヒートアップ

ボランティアのガイドさんが見どころを説明してくれます。
b0182547_22000752.jpg

山門
萬松山と掲げられています
b0182547_22014435.jpg

山門をくぐり緩やかな石段を上がって行きます。
b0182547_22043799.jpg


b0182547_22060042.jpg
拝観料を払い本堂の中へ
b0182547_22080184.jpg
丈六の仏 木彫寄木造り
釈迦如来坐像、身丈 2.80m(総丈台座共3.55m)
享保14年(1729)建立。

本堂の中は文化財で一杯なのですがそれらは端折って先へ

左甚五郎の作と言われる鶯張りの廊下
b0182547_22085293.jpg
歩くときゅっきゅきゅっきゅと心地よい音がする

これも左甚五郎作の龍の彫刻
b0182547_22143455.jpg

直虎と虎松
b0182547_22153106.jpg

井伊家霊屋
b0182547_22202294.jpg


b0182547_22215164.jpg

小堀遠州作の龍潭寺庭園
b0182547_22222048.jpg
江戸時代初期に本堂北庭として築かれた
池泉鑑賞式庭園である。
中央に守護石、左右に仁王石、正面に礼拝石(坐禅石)が配され、
更に池の型が心字池となっていて寺院庭園として代表的な庭である。
数多くの石組みと築山全体で鶴亀が表現されている。

↑の説明が流れる中、ゆったりとした時間を過ごします。
b0182547_22250221.jpg
数年前に来たときは本堂が改修工事中で、廊下を通り過ぎただけでしたが
今回はゆっくりと鑑賞できました。

本堂の中を一巡りしていただいた龍潭寺の御朱印
b0182547_22274270.jpg


b0182547_22290306.jpg
本堂の外へ出て井伊直虎・井伊家墓所へ向かいます。

本堂と繋がる開山堂
元禄16年(1702)の建立です。
b0182547_22322603.jpg

井伊家墓所
b0182547_22342993.jpg
向かって右奥2番目が直虎の墓


井伊家の墓所から井伊谷宮に道は続いています。
奥に見えるのが井伊谷宮の本殿
b0182547_22354930.jpg


b0182547_22370870.jpg
御祭神「宗良親王」は、後醍醐天皇第四王子(宮内庁調べ)であらせられ、
今より約650余年、動乱の南北朝時代に
一品中務卿(いっぽんなかつかさきょう)征東将軍として
この地を本拠に50余年の間、吉野朝方のためにご活躍になられました。

明治5年に明治天皇の思し召しにより御鎮座、翌6年には静岡県内でも数少ない
官弊社(井伊谷宮は官弊中社)という格式高い神社となりました。

格式が高い神社なのに拝殿にペタペタ貼物が・・・
b0182547_22424480.jpg

参拝を済ませ、授与所で御朱印を頂きました。
b0182547_22445796.jpg

境内の御神木
b0182547_22522437.jpg

井伊谷宮から井伊谷城址(城山公園)へ向かいます。
その前に浜松市地域センターに展示している青葉の笛(レプリカ)を見に立ち寄ります。

b0182547_22491279.jpg


b0182547_22494459.jpg

展示物
b0182547_22502164.jpg

b0182547_22510299.jpg

青葉の笛
b0182547_22512773.jpg

山城だった井伊谷城
急な坂道を登って行くのですが、ふもとに置いてあった杖が役に立つほどきつかった。
b0182547_22542684.jpg

誰もがひぃひぃ息を切らせて登った城山公園
b0182547_22552868.jpg
登ってみたらなぁんにもありません

ここが城跡だったのでしょうか?
b0182547_22572176.jpg

山頂からの眺め
b0182547_22583648.jpg
龍潭寺・井伊谷宮は真ん中の森の影辺り

城山公園を降りてきて、ゴールの金指駅を目指します。残り4km
b0182547_23004077.jpg

b0182547_23023739.jpg

花壇にも直虎
b0182547_23033480.jpg

直虎人気のすさまじさを実感した今回のさわやかウォーキング

ゴールした金指駅に来たラッピング車両
b0182547_23071688.jpg

b0182547_23073461.jpg

b0182547_23075645.jpg

こんなに混雑しているのに帰りも一輌編成で
新所原駅まで立って帰りました。
ウォーキング以上に立ちっぱなしの方が疲れたびぃ




























































[PR]
by shio622 | 2017-03-22 23:10 | 寺社巡り | Comments(0)

海性山真如寺/西浦山無量寺(がん封じ寺)



3月12日
今回のさわやかウォーキングは”ガン封じ寺(12年に1度)と海街蒲郡健康ウォーク
JR東海道線三河塩津駅スタート、ゴールの12.5km、3時間10分のコース


最初に訪れたのは岩上神社

b0182547_17105179.jpg

祭りの旗竿も出て、社務所には氏子らしい方々が数人見えるのですが
校区の鎮守様?
普段は参拝に来る人もあまりないのでしょう
突然大勢の人が参拝していくものだから、氏子の一人が
「お礼を言わなきゃ」などと言っている。
b0182547_17114305.jpg
こんな調子だからここで御朱印を頂くのは無理

次の訪問地の真如寺へ向かいます。


真如寺は浄土宗西山深草派のお寺
三河地方でも有数の大伽藍を持ち、形原、西浦、幡豆の一部の西山深草派の総本山
b0182547_17182766.jpg


b0182547_17212928.jpg


b0182547_17292052.jpg

一度に沢山の来訪客で御朱印を朱印帳に書く手間がないとのことで
書置きを頂きました。
(横で一生懸命書置きを書いている住職が居たのにねえ)
b0182547_17300334.jpg
真如寺でも御朱印は月によって変わるようで、
4月の御朱印がサンプルとして置かれていました。

真如寺を後にして、今回の最大の目的地無量寺(がん封じ寺)へ向かいます。

無量寺の雁塔
b0182547_17353876.jpg
玄奘三蔵ゆかりの中国西安の大雁塔を三分の一に復元(高さ20m)

絵馬
b0182547_17384760.jpg
再発・転移がありませんように・・・
切実です


b0182547_17402233.jpg
ボケは家族に迷惑をかける・・・
ボケずに一生を終えたい

b0182547_17414285.jpg
本堂

b0182547_17423586.jpg
手ブレがひどい
ここで住職によるユニークなガン予防の法話が聞けます。

b0182547_17441566.jpg


b0182547_17444596.jpg
洞窟の中の仏様

b0182547_17454638.jpg
蒲郡市の天然記念物に指定されている大楠
目通り8.1m、根回り12m、樹高11.8m

根元は人が入れるくらい腐朽しています。

b0182547_17491244.jpg

無量寺の御朱印
b0182547_17495049.jpg
手が回らないからって、日付を含めて全部が全部ハンコ・・・




















[PR]
by shio622 | 2017-03-19 17:51 | 寺社巡り | Comments(0)

砥鹿神社(奥宮)

3月6日
所用で新城市へ行った帰りに1月に雪で断念した
本宮山頂にある砥鹿神社の奥宮へ行ってきました。

b0182547_00134498.jpg
奥の院の案内図
かつては山の中の険しい道を歩くコースだったものの
本宮山パークウェイが出来てからこのコースを歩かなくて良くなりました。

昭和57年竣工の大鳥居
b0182547_00165316.jpg

大鳥居の奥にある石鳥居
b0182547_00192116.jpg

鳥居をくぐって参道を歩いていくと参集殿
b0182547_00200404.jpg
季節柄閉店していて麦とろ蕎麦は食べられませんでした。

参集殿の横にあった御神木
b0182547_00222258.jpg
樹齢1000年の大杉です。

小さな社があちこちに・・・
b0182547_00233034.jpg

奥宮の周りは大きな杉がいっぱい
b0182547_00241301.jpg

本殿の横には雷に打たれて半分皮がむけた杉が立っています。
上の方に枝が出ているからこれでも生きている。
b0182547_00250286.jpg

奥宮の本殿
b0182547_00263420.jpg

願掛け絵馬
b0182547_00270777.jpg

当たり前だけど、里宮にあったのと同じ
b0182547_00274591.jpg

平日で誰も来るような日じゃなくても、ちゃんと宮司さんが二人いて
御朱印も頂くことができました。

b0182547_00283816.jpg













[PR]
by shio622 | 2017-03-13 00:30 | 寺社巡り | Comments(0)

龍尾神社

しだれ梅で有名な龍尾神社
訪れるのは10年ぶりくらい?
前回は梅を撮るのが目的で、肝心の神社の方に参拝してなかったので
今回初めての参拝です。

しだれ梅の咲く花庭園には行かず、この鳥居から神社へ登っていきます
b0182547_23402861.jpg

手ブレがひどいけど。こんな感じの石段
b0182547_23415205.jpg

石段を登りきると正面に拝殿が見えます
b0182547_23430595.jpg

龍尾神社の絵馬
b0182547_23444883.jpg

なぜにドラえもんが此処に?
b0182547_23474039.jpg

拝殿でお詣り
b0182547_23482834.jpg

龍尾神社の御朱印
b0182547_23492039.jpg

みな人も深き願ひを掛川の龍の尾山の神のみずがき

龍尾神社を読んだ和歌が鎌倉時代の書物に見られることから
当時からここに龍尾神社があったことが伺われると言う







[PR]
by shio622 | 2017-03-05 23:58 | 寺社巡り | Comments(0)

永江院(ようこういん)

3月4日
今回のさわやかウォーキングは「早春の掛川を巡る歴史散歩」

掛川駅をスタートし、最初の訪問地である永江院を目指します。
途中、あちこちで見かけた桜の花
b0182547_23584483.jpg
エドヒガン?
桜の種類は300種類以上もあると言うから、素人にはなかなか同定できません


永江院に着きました。
永江院は延徳元年(1489)滋賀県伊香郡余呉町菅並
の洞寿院四世以翼長佑大和尚によって開創された曹洞宗のお寺
山号を和光山と称し、ご本尊は釈迦牟尼仏。

山門前の広い駐車場
観光バスも何台か停められるスペースがあり、寺の大きさを察せられます
b0182547_23254317.jpg

山門をくぐると大きな本堂が・・・
b0182547_23255965.jpg

本堂の中へは自由に出入りできるのでちょっとお邪魔してみました。
b0182547_23261955.jpg


b0182547_23264718.jpg

30分ほど並んで納経所で御朱印を頂きました。

ご本尊の御朱印
b0182547_23504065.jpg

久世観世音の御朱印
b0182547_23512765.jpg

遠州七福神布袋尊の御朱印
b0182547_23533348.jpg










[PR]
by shio622 | 2017-03-05 00:15 | 寺社巡り | Comments(0)

浜松秋葉神社

東照宮(引間城跡)から浜松城へ
浜松市役所の裏手まで来ると法螺貝の鳴る音が響き、
太鼓も鳴って何やらショーでも始まったみたい

行ってみると人だかり
その前で浜松武将隊が演舞をやっています
b0182547_23325245.jpg

b0182547_23393696.jpg
ううむ、せめて標準のレンズを持ってきていたら・・・

武将隊の演舞をチラ見して浜松城へ
b0182547_23403247.jpg
何度も来ているので中には入らず外観だけ撮ってお終い

b0182547_23423682.jpg

浜松城を後にして家康公鎧掛けの松へ
b0182547_23432940.jpg
松が小さいのは昭和56年に植えられた三代目のため

スタート時にあれだけ沢山いた参加者もだんだんばらけてきました
前を歩いていたおばあちゃんと孫
b0182547_23465648.jpg
何か気になるものを見つけたみたい

秋葉神社までやって来ました
b0182547_23490562.jpg

何もかもが朱塗り 手水舎まで・・・
b0182547_23494124.jpg

社殿でお詣り
b0182547_23503437.jpg

井伊直正の鎧像
b0182547_23510523.jpg
なんと牛乳パック80箱、製作時間400時間

社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_23535794.jpg

これでほとんど見終わって、後はゴールの浜松駅を目指すだけ
浜松出世の館前でまた直虎ちゃんと家康くんに出会った~
b0182547_23553368.jpg


b0182547_23565476.jpg

お土産グッズも直虎ちゃんと家康くんがほとんど
b0182547_23573214.jpg

そしてゴールへ
参加スタンプを押してもらい、まだ11時を回ったばかりなのにお腹が空いて
せっかくだから浜松餃子を食べて帰ろうと、駅南口から近くの「むつぎく」へ

開店は11時半なのに開店前にしてこの行列
b0182547_23584091.jpg
40人ほどの列の後ろに並んで1時間20分

いや、美味しかったですよ。さすがは餃子の名店
























[PR]
by shio622 | 2017-03-01 00:04 | 寺社巡り | Comments(0)

浜松八幡宮

2月25日
今回のさわやかウォーキングは
「ここ浜松の地で歴史が動き出した女城主井伊直虎と家康公めぐり!」

NHK大河ドラマ「女城主井伊直虎」人気に浜松市は大盛り上がり
スタートの8時30分に受付へ行ってみると大変な賑わい、長蛇の列です。
並ぶこと10分少々、コース図と直虎のピンバッチを受け取り、
スタート前にリュックの整理・・・カメラを取り出しそこにいたゆるキャラをパチリ

b0182547_21241071.jpg
直虎ちゃんと家康くん、ピンクのさわちゃんと黄色のぽぽちゃん

駅から1.8kmで浜松八幡宮

b0182547_21300057.jpg
浜松開催のさわやかウォーキングには何度か参加しており、浜松八幡宮の前を
通ったことはあるけど、今回初めて参拝しに行ってきました。

雲立のクス、浜松八幡宮の御神木です
b0182547_21334130.jpg
目通し幹周り13m、根元周り14m
枝張り東西21m、南北23m
樹高15m
静岡県指定の天然記念物です。

社殿でお詣り
b0182547_21392443.jpg

主祭神  
玉依比売命(たまよりひめのみこと) 
品陀和気命 (ほんだわけのみこと) (応神天皇)
息長足姫命 (おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)    

相殿神
伊弉諾尊・伊弉冉尊(いざなきのみこと・いざなみのみこと) 

境内には摂社東照宮や末社浜松稲荷神社なんかがあるのですが、
それらはパスして社務所へ

社務所の中にあった唐笠
b0182547_21510638.jpg

ここで御朱印を頂きました。
b0182547_21530851.jpg


浜松八幡宮から500m程で椿姫観音に着きます。
b0182547_21555792.jpg
椿姫観音は徳川家康との戦いに敗れた第五代引間城の女城主椿姫の伝説が残る所。

b0182547_21561891.jpg

道端にある小さな観音様で、案内がないと見過ごしてしまいそうです。

ジャガイモの頭を齧ったような祈願石
b0182547_21563381.jpg

椿姫観音から800m程で東照宮(引間城跡)
b0182547_22043979.jpg
浜松城のある一帯にはもともと引間城(曳馬城)と呼ばれる城がありました。
1568年(永禄11年)に今川方の拠点であった引間城を攻め落とした徳川家康は
「馬を引く」という名前は負け戦を意味するため縁起が悪いということで、
地名を「浜松」にあらためて、さらに城を大幅に拡大して浜松城を築きました。

 
b0182547_22092725.jpg

おや?ここにも直虎ちゃんと家康くん
b0182547_22095509.jpg
先回りされたか?

この後、浜松秋葉神社へ続きます。








[PR]
by shio622 | 2017-02-27 22:12 | 寺社巡り | Comments(0)