タグ:岡崎市 ( 6 ) タグの人気記事

龍城神社

菅生神社で御朱印を頂いた後、岡崎城の五万石藤を見に行く

熊野の長藤を見た後では五万石藤もちょっとみすぼらしい・・・
b0182547_22131940.jpg

その後、岡崎公園内をウォーキングルートなりに歩いていくと岡崎城の前に出る。
岡崎城のすぐ隣に神社があって、今まさに挙式が始まろうとしていた。

めったにお目にかかれないことなので先回りしてカメラを構える。

b0182547_22153788.jpg
笙やしちりきの雅楽に導かれ、花嫁がやって来ました。

b0182547_22254643.jpg
新郎は外人のようです。



きれいな花嫁にうっとりするあまり・・・


肝心の神社本殿を撮り忘れた~


龍城神社の絵馬
b0182547_22293280.jpg

龍城神社は東照宮の一つ

祭神は 徳川家康公 本多忠勝朝臣 天神地祇 護国英霊

社務所で頂いた御朱印
b0182547_22362288.jpg
徳川所縁の神社なので葵の御紋が押されている。








[PR]
by shio622 | 2017-05-10 22:38 | 寺社巡り | Comments(0)

菅生神社

岡崎公園前の巴川に差し掛かった時、コース図には載っていない神社があって
何故かとても気になったので寄ってみることにしました。

b0182547_20424269.jpg

社務所で頂いた由緒によると

第十二代景行天皇の御代(西暦110年10月)、
日本武尊(第二の皇子)が東国平定のため当地を御通過になり、
高岩(菅生河畔満性寺あたり)で賊を討つために矢を作らせたとき、
神風が吹いてそのうちの一矢を小川に吹き流された。
そこで尊は、その矢を「御霊代」と仰ぎ、伊勢の大神を祀り、
この地に神社を建てられた。「吹矢大明神」と申し上げる。
当神社はこの時創建された岡崎市最古の神社です。

毎年8月第一土曜日に行われる岡崎花火大会は、菅生まつりとして執り行われるもので
県下の夏の花火大会で名古屋矢田川の花火大会を筆頭に、
豊橋祇園祭りの花火大会、岡崎菅生まつりの花火大会が有名なのは周知の所

b0182547_21001115.jpg
手水舎

b0182547_21003844.jpg
開運稲荷


b0182547_21020335.jpg
厄除絵馬

頂いた御朱印
b0182547_21030001.jpg





[PR]
by shio622 | 2017-05-08 21:03 | 寺社巡り | Comments(0)

佛現山善徳院 隨念寺

5月6日のさわやかウォーキングは家康公ゆかりの六所神社と香り立つ岡崎城「五万石藤」の花めぐり

コース内に大林寺と隨念寺及び六所神社があるが、六所神社については今年すでに2度訪れているから
頂ける御朱印は大林寺と隨念寺くらいか?

所が、最初に訪れた大林寺は寺務所もなく、住職も不在のようで敢え無くスルー


続いて向かった隨念寺
b0182547_23020632.jpg


山門をくぐり白土塀の階段を登って行くと楼門が出迎えてくれる
b0182547_23075310.jpg

隨念寺の本堂
b0182547_23114567.jpg

隨念寺は岡崎市の観光きらり百選に選ばれている名刹
b0182547_23122705.jpg
先の白土塀と楼門は家康が創建したとある。

隨念寺は浄土宗のお寺
徳川家康が永禄五年に創建


b0182547_23170751.jpg







[PR]
by shio622 | 2017-05-07 23:23 | 寺社巡り | Comments(0)

一畑山薬師寺

国道1号の道の駅「藤川宿」の少し豊橋寄りに一畑山薬師寺の大きな看板
ずいぶん以前からそこに大きな寺院があるのは知っていたが、行くのは今回が初めて。

名鉄電車の藤川駅からだと1kmちょっとか?
山道を登るから徒歩だと距離以上に遠く感じるかもしれない。

朝から松平東照宮、高月院、足助八幡宮、猿投神社と回った帰り道
時間は夕方4時半近く。
京都の仁和寺が夕方4時に閉まったことを思い出し、
ダメか知らん?と車を走らせる。

着いてみると広大な駐車場に車が少ない。なので、祈祷殿の近くへ駐車
b0182547_23025967.jpg

初めてなので勝手がわからない。とりあえず目の前の祈祷殿の中へ
中は祈祷受付があったり、授与所だったり、売店だったりするのだが、
聞いてみたら本堂はいったん外に出なきゃならない

本堂(奥)と宝塔
b0182547_23095930.jpg

本堂
b0182547_23143021.jpg

一畑薬師の総本山は島根県出雲市にあるらしい。
ここはその末社か?
b0182547_23145794.jpg

b0182547_23153324.jpg


b0182547_23201850.jpg

黄金の涅槃像
b0182547_23230561.jpg
5時を過ぎていて、ダメか知らん?と思ったけど、
閉めかけていたドアを開けて中に入れてくれました。

本堂と涅槃像の前でお参りを済ませ、授与所へ戻って御朱印を頂きました。


b0182547_23262965.jpg



b0182547_23264526.jpg



b0182547_23265775.jpg













[PR]
by shio622 | 2017-02-20 23:27 | 寺社巡り | Comments(0)

伊賀八幡宮

蓮の花を撮りに二度行ったことがある岡崎市にある伊賀八幡宮
真冬なので蓮は枯れて寂しい限りですが、御朱印を頂きに行ってきました。


一の鳥居
b0182547_19455586.jpg

二の鳥居
b0182547_19464594.jpg
こちらは木造でずいぶん古い感じ

三の鳥居
b0182547_19480905.jpg
石造りです。
鳥居の向こうに蓮池と伊賀八幡宮の楼門(随神門)が見えます。

蓮池
蓮の花がすぐ近くで撮れるのがうれしい場所です。
b0182547_19495227.jpg

随神門
国の重要文化財です。
b0182547_19514118.jpg

ここでお詣りしましたが、拝殿?
b0182547_19550424.jpg

国歌「君が代」に歌われたさざれ石
b0182547_19584145.jpg
さざれ石は大きな神社なら結構あちこちにあるみたい。

拝殿
b0182547_20002692.jpg

伊賀八幡宮の絵馬
b0182547_20011926.jpg

拝殿の前まではいでんのが残念
b0182547_20022495.jpg


社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_20033451.jpg

東照大権現とは徳川家康のことです。



✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

伊賀八幡宮のHPより

伊賀八幡宮は、
松平四代親忠(ちかただ)公が、松平家(徳川家の祖)の子孫繁栄の守護神『氏の神』として、
創建なされた神社です。
文明2年(1470)のことで、今から500年あまり前の戦国時代の只中でした。

徳川幕府の三代将軍となった家光公は、先祖伝来の守護神である伊賀八幡宮に、
祖父東照大権現(徳川家康公)をあわせ祀ることとなされ、御朱印540石を奉納
なさいました。これにより伊賀八幡宮は、日光・久能山とともに、将軍みずから
祀ることをお定めになった、数少ない東照宮の一つでもあります。

御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、東照大権現(徳川家康公)


✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂










[PR]
by shio622 | 2017-02-12 20:04 | 寺社巡り | Comments(0)

六所神社

1月28日
元旦に初詣に行ったものの、御朱印を頂けなかった六所神社へ再度行ってきました。
愛知県岡崎市の重要文化財指定「六所神社」
安産、子授けの神様として人々の崇敬を集めている神社で、
長男の嫁が第一子を授かった時にも安産の祈願に行った神社です。


名鉄東岡崎駅の近くにあり、参道には黒松の並木が続きます。
b0182547_21022108.jpg


b0182547_21024619.jpg

一の鳥居
名鉄電車が東岡崎駅に滑り込んで行きます。
b0182547_21033467.jpg

六所神社の松並木
b0182547_20433676.jpg

二の鳥居
b0182547_21052120.jpg

手水舎
b0182547_21060354.jpg

六所神社の御祭神、由緒などが書かれた看板
b0182547_21063898.jpg

拝殿
b0182547_21075346.jpg
元旦にもお参りしたけど、もう一度お参り


絵馬
b0182547_21101509.jpg

拝殿(左)と本殿(右)
b0182547_21113834.jpg


六所神社の御朱印
徳川所縁の神社なので三つ葉葵の朱印です。
b0182547_21124970.jpg








[PR]
by shio622 | 2017-02-10 21:14 | 寺社巡り | Comments(0)