若宮八幡宮

長松山興徳寺から500m程で若宮八幡宮に着く。

b0182547_22411887.jpg
郷社で社格は八等級社

b0182547_22423335.jpg
祭神は大雀命(オオササギノミコト)仁徳天皇
誉田別命(ホンダワケノミコト)応神天皇
息長足姫命(オキナガタライヒメノミコト)神功皇后

b0182547_22472315.jpg
参道の周りの木々が低いのでとても明るい(厳かな雰囲気と程遠い感じ)

b0182547_22490266.jpg
土俵?

若宮八幡宮のしおりによると明治初期の頃、一言村から「佐藤繁蔵」と言う人が大相撲に入り
「和田の森」の四股名で活躍し、後の「立浪親方」となって相撲界発展に貢献した。
娯楽の少なかった頃の奉納相撲は、年中行事の最も楽しい催しものであって、近郷近在の
老いも若きも待ち焦がれていたのである・・・・・・

新しい土俵。今でも伝統を引き継いでいるのでしょうね

b0182547_22581554.jpg

拝殿でお詣りを素ませ、隣の部屋で御朱印を頂きました。
b0182547_22592572.jpg







[PR]
# by shio622 | 2017-05-07 22:37 | 寺社巡り | Comments(0)

長松山興徳寺

4月30日
さわやかウォーキングで磐田市の豊田町駅から「熊野の長藤」を観に行ってきました。
その途中にある長松山興徳寺は曹洞宗のお寺
b0182547_22262654.jpg
寺は建久元年(1190)で岡本山弘徳寺と称し真言宗として創建された。ご本尊は虚空蔵菩薩。
その後400年あまりの記録は不明であるが、慶長4年(1599)3月、
本寺、見付宿の金剛寺第二世開岩久田和尚によって法地開山、山号を長松山興徳寺と称し、
宗旨を曹洞宗にあらためた。

b0182547_22272907.jpg


境内には厄除地蔵、イボ取り地蔵、子守地蔵などがある。
b0182547_22281321.jpg

御朱印を頂くのに20人ほどの列(写真は私が御朱印を頂いた後なので少し行列が短い)
b0182547_22291041.jpg

頂いた御朱印
b0182547_22331068.jpg






[PR]
# by shio622 | 2017-05-07 21:21 | 寺社巡り | Comments(0)