カテゴリ:寺社巡り( 83 )

護王神社

4月22日
さわやかウォーキングで訪れました。

護王神社は京都御所の西側、烏丸通に沿いに鎮座する神社で、
平安京の建都に貢献された和気清麻呂公をお祀りしています。

b0182547_18135246.jpg


b0182547_18141993.jpg
境内にあったさざれ石
幅三メートル、高さ二メートル
日本一の大きさだそうです。

b0182547_18151431.jpg
巨大な絵馬

b0182547_18155226.jpg
手水舎の注ぎ口は龍が多いけど、ここのは猪

b0182547_18172232.jpg
拝殿前の狛犬もここでは狛猪(霊猪像と言うんだそうな)

b0182547_18194742.jpg

b0182547_18203981.jpg
木彫りの猪
何匹いるのかな?数が多いとちょっと不気味

b0182547_18215949.jpg
願掛け絵馬

今の所、足腰に不安はないけど、とりあえず健康でありますようお祈りしてきました。

社務所で頂いた御朱印
b0182547_18264668.jpg

主祭神 和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)
和気広虫姫命(わけのひろむしひめのみこと)
 配 祀 藤原百川公命(ふじわらのももかわこうのみこと)
路豊永卿命(みちのとよながきょうのみこと)



[PR]
by shio622 | 2017-04-30 18:27 | 寺社巡り | Comments(0)

吉田神社

吉田神社は京都と水戸にもあるけど地元豊橋にある吉田神社
地元でもあり、いつでも行ける場所なんだけど、
4月16日、豊橋駅開催のさわやかウォーキングで改めて行ってきました。

b0182547_21311287.jpg

吉田神社は豊川のほとりにあります。
豊橋は江戸時代には吉田宿として栄えた宿場町
吉田藩の城下町でもあり東三河一帯のお祭りで出される手筒花火発祥の地
b0182547_21342053.jpg


b0182547_21391227.jpg


b0182547_21401535.jpg
拝殿
実はここで結婚式を挙げたのです


b0182547_21411924.jpg

市内のソメイヨシノは満開を過ぎていますが代わりに八重桜が見事でした
b0182547_21422198.jpg

b0182547_21441139.jpg
吉田神社の絵馬
なんか笑える・・・


b0182547_21461729.jpg

社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_21452733.jpg

主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)
他、相殿に持統天皇を祀る。

吉田神社は手筒花火発祥の地でもありますが、
この地方のお祭りでよく奉納される笹踊りも
朝鮮通信使が吉田神社に伝えたのが始まりとされます。



[PR]
by shio622 | 2017-04-23 21:50 | 寺社巡り | Comments(0)

加佐登神社

荒神山観音寺から500m程で植木市が行われている鈴鹿フラワーパークへ
雨はこの頃が一番のピーク?
植木市には沢山のB級グルメのブースが出ていて、
ちょうどお昼時でもあり唐揚げと津ギョーザでお昼を済ませる。
津ギョーザは豊川で行われたB級グランプリで初めて食べたんだけど
その時結構美味しかったのでここでも頂いてみたけど
冷めていて美味しくなかった


鈴鹿フラワーパークから1.5Kmで白鳥塚古墳へ
ここはヤマトタケルの眠る古墳らしいと長い間言い伝えられてきたそうだが
能褒野の御墓が宮内庁管理となっていることもあってか?
こんもりとした丘のようなものがあるだけ

白鳥塚古墳から300mで加佐登神社

b0182547_13391650.jpg
なかなか立派な神社です。


b0182547_13423954.jpg


加佐登神社の絵馬
b0182547_13420775.jpg

加佐登神社の由来
b0182547_13435828.jpg


加佐登神社のHPより

日本武尊を主祭神とし、古来、御笠殿社(みかさどのしゃ)と呼ばれ崇敬されておりました。
日本武尊の能褒野(のぼの)陵墓と伝えられた白鳥塚古墳の横に鎮座し、尊が死の間際まで
持っていたといわれる笠と杖をご神体として祀られております。


参拝を済ませ、社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_13450600.jpg






[PR]
by shio622 | 2017-04-23 13:45 | 寺社巡り | Comments(0)

荒神山観音寺

4月15日
さわやかウォーキングでJR関西線井田川駅→加佐登駅11.7kmを歩いてきました。
~ヤマトタケルが眠る春の亀山まほろば街道を訪ねて~

b0182547_11344794.jpg


b0182547_11352645.jpg
ヤマトタケル御墓
宮内庁管理で柵の中に入れません。
柵の手前から、この国が未来永劫平穏でありますよう、手を合わせてきました。

b0182547_11393704.jpg
能褒野神社
ここで御朱印を頂きたかったのですが、社務所が閉まっていました。


能褒野神社から1.5km程歩いて御厨神社へ
b0182547_11414743.jpg

b0182547_11431849.jpg
境内の檜

御厨神社の傍にあった西光寺。曹洞宗のお寺です。

b0182547_11440338.jpg
ちょっと中に入ってみました。誰もいない・・



b0182547_11451611.jpg
西光寺の枝垂れ桜と鐘楼


この後、雨に降られるなか30分ほど歩いて荒神山観音寺へ
b0182547_11461639.jpg

b0182547_11482460.jpg
伊勢七福神めぐりでここは寿老神らしい

本堂の後ろにはお稲荷さんもありました。
b0182547_11521812.jpg

本堂全景
b0182547_11531451.jpg
つつじも咲いていました。
b0182547_11540779.jpg


荒神山観音寺で頂いた御朱印
b0182547_11550308.jpg

御朱印を頂いた事務所には清水次郎長一家や吉良仁吉の名が入った暖簾が窓に掛けられていました。

関連を調べてみたらWikipediaにこう書かれていました。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

観音寺(かんのんじ)は、三重県鈴鹿市にある、真言宗御室派の仏教寺院。
山号は高神山(こうじんやま)。本尊の十一面観世音菩薩は秘仏。
当寺の裏山で起きた侠客同士の私闘・荒神山の喧嘩は講談などで有名になり、
荒神山観音寺の方が良く知られる。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

荒神山、どっかで聞いたことがあるなあ・・・って思ったら、そういうことだったのね

















[PR]
by shio622 | 2017-04-23 12:03 | 寺社巡り | Comments(0)

龍岳院(4月)

4月2日

この日は御朱印対応が午後だけなのでいつにもまして混雑
2時間45分ほど待ちました。

b0182547_21091509.jpg
4月は「学」の文字を入れてくれました。新入学、進学と言うことでしょうか?

b0182547_21085956.jpg

b0182547_21115986.jpg

b0182547_21113630.jpg

b0182547_21122061.jpg

大脇薬師で薬師如来の御開帳があったとかで・・・
b0182547_21124113.jpg


b0182547_21134905.jpg

私の愛猫の「めんま」と「らんま」を入れっていただきました。
御朱印代は〆て2100円

痛い出費だワン











[PR]
by shio622 | 2017-04-10 21:16 | 寺社巡り | Comments(0)

牛久保八幡社

三明寺の後は当古橋→豊川放水路ゲート→牛久保崖下公園を経て
若葉祭(うなごうじ祭)が行われている牛久保八幡社へ

b0182547_22152044.jpg

拝殿
b0182547_22160945.jpg

b0182547_22180118.jpg
なんとなく参拝しづらい雰囲気・・・

社務所の方も祭りの伝言やらが飛び交っていて忙しそう・・・
恐る恐る「御朱印は頂けますか?」って聞いちゃった

b0182547_22215025.jpg

若葉祭は以前見たことがあるのと、広角レンズ1本では神輿を追いかける気にもなれないので

神社前で出発前の一コマをカメラに収めて帰ってきました。

b0182547_22240430.jpg

b0182547_22243834.jpg

b0182547_22250438.jpg

此処の山車は尾張地方のからくり人形を演じるものと違い
笹踊りを子供一人で演じるもの
b0182547_22252914.jpg


b0182547_22255902.jpg

b0182547_22342327.jpg

b0182547_22355347.jpg

山車が出ていくのはもう少し後になるので
お腹を空かした猫ちゃんが待つ自宅へ帰ることにしました。
















[PR]
by shio622 | 2017-04-09 22:39 | 寺社巡り | Comments(0)

三明寺

4月9日
さわやかウォーキングで豊川駅にほど近い三明寺へ行ってきました。
例年なら4月9日ともなればすっかり葉桜なんだけど、今年は桜の開花が遅れてちょうど見ごろでした。
まあ開化の早い枝垂れ桜の方は少し遅かったけど・・・


b0182547_21221703.jpg
お寺なのに鳥居があるのは神仏混交の名残でしょうか?

三重塔
b0182547_21261787.jpg

三明寺の起源は古く、大宝2年(702)と言われています。
b0182547_21260046.jpg

本堂
b0182547_21271863.jpg

b0182547_21274682.jpg

枝垂れ桜
b0182547_21281953.jpg

b0182547_21301390.jpg

頂いた御朱印
b0182547_21310768.jpg











[PR]
by shio622 | 2017-04-09 21:31 | 寺社巡り | Comments(0)

秋葉山本宮秋葉神社(下社)

上社を参拝したら当然麓にある下社にも行かなければ
しかし、地図上では近くても車で走るとなるとその距離は36kmにもなる。

上社から狭い林道を下り、国道152号~国道362号で1時間近くかかって下社に到着

b0182547_22334771.jpg

こちらは鳥居もなく質素でとても落ち着いた感じ

b0182547_22345005.jpg
参道の石段も昔の面影を残していて私はこちらの方が好き

b0182547_22361553.jpg
おみくじは上社と同じです。

b0182547_22370396.jpg
落ち着いた感じの拝殿

b0182547_22374447.jpg
願掛け絵馬も秋葉神社ならではの天狗をあしらっています。
こちらにはジュビロ磐田の絵馬は見かけませんでした。


b0182547_22394259.jpg
拝殿の横にあった日本一大きな十能

b0182547_22404063.jpg


b0182547_22413282.jpg

参拝を終え、社務所で御朱印を頂きました。

b0182547_22430388.jpg












[PR]
by shio622 | 2017-04-06 22:43 | 寺社巡り | Comments(0)

秋葉山本宮秋葉神社(上社)

4月5日
この4月から毎週水曜日が休みとなって、早速かねてから行きたかった秋葉山本宮秋葉神社へ。

秋葉山本宮秋葉神社には標高866mの秋葉山の山頂付近にある上社と、秋葉山の麓にある下社があり
まずは上社へ。

b0182547_22350757.jpg
日本全国に存在する秋葉神社(神社本庁傘下だけで約800社)、
秋葉大権現および秋葉寺の殆どについて、その事実上の起源となった神社である。

b0182547_22360292.jpg
上社の大鳥居

b0182547_22365179.jpg
参道の緩やかな石段

参道の周りは樹齢千年を超える杉の大木が・・・
b0182547_22404173.jpg

山門
b0182547_22421180.jpg
神社なのに山門?
それは江戸時代までは秋葉権現を祀(まつ)る秋葉権現社(あきはごんげんのやしろ)と、
観世音菩薩を本尊とする秋葉寺(しゅうようじ)とが同じ境内にある神仏混淆(しんぶつこんこう)の山だったから

山門の左右に施された彫刻
b0182547_22433111.jpg

b0182547_22441590.jpg
山の門の裏側にも

b0182547_22445853.jpg

b0182547_22451580.jpg

そしてお寺なら山門には仁王様がいるのがもっぱらなんだけど

b0182547_22461253.jpg

b0182547_22462553.jpg

幸福の鳥居
b0182547_22464535.jpg

b0182547_22470295.jpg

神楽殿
b0182547_22490665.jpg
ジュビロ磐田の大絵馬


拝殿
b0182547_22475354.jpg
残念なことに、大注連縄は外されれていました。


b0182547_22501641.jpg
ここでは幸福の鳥居に倣い黄色いおみくじ

b0182547_22511664.jpg

4月初めとはいえ気温がぐっと上がって錯覚の景色も霞んでしまっていました。
b0182547_22515467.jpg

社務所の方へ行って御朱印を頂くことにしました。
b0182547_22532262.jpg
社務所の天井に奉納された浜松大凧


頂いた御朱印
b0182547_22552176.jpg


秋葉神社の祭神は火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)。
秋葉山に鎮まる神で「秋葉大神」(あきはのおおかみ)とも称される。





[PR]
by shio622 | 2017-04-05 22:57 | 寺社巡り | Comments(0)

野田八幡宮

4月1日
さわやかウォーキングで刈谷市の野田八幡宮に行ってきました。

野田八幡宮は「八幡大神(応神天皇)」・「大郎子命」・「物部祖神」を祀っています。
 刈谷市内では一番位の高い神社であり、現在は末社が23社あります。
 この野田八幡宮は江戸時代から藩主の信仰が厚く、刈谷藩の時代には市原稲荷・知立神社と
並んで領内三社として位置づけられており、福島藩の時代には福島藩領の三河における総氏神
として敬われていました。

b0182547_21422428.jpg

例年なら4月1日は桜が見ごろのはずの当地なのですが、今年は桜の開花が1週間くらい遅い感じ
それでも野田八幡宮のこの桜だけが満開に近い感じでした。

b0182547_21451881.jpg

桜の奥に見えるのは刈谷藩初代藩主水野勝成が奉納した「総髪兜そうごうのかぶと」、
三浦義理が奉納した額や福島藩主板倉内膳正勝顕が奉納した灯籠などが展示してある記念館

b0182547_21501414.jpg

b0182547_21503664.jpg

頂いた御朱印
b0182547_21522214.jpg







[PR]
by shio622 | 2017-04-02 21:52 | 寺社巡り | Comments(0)