伊賀八幡宮

蓮の花を撮りに二度行ったことがある岡崎市にある伊賀八幡宮
真冬なので蓮は枯れて寂しい限りですが、御朱印を頂きに行ってきました。


一の鳥居
b0182547_19455586.jpg

二の鳥居
b0182547_19464594.jpg
こちらは木造でずいぶん古い感じ

三の鳥居
b0182547_19480905.jpg
石造りです。
鳥居の向こうに蓮池と伊賀八幡宮の楼門(随神門)が見えます。

蓮池
蓮の花がすぐ近くで撮れるのがうれしい場所です。
b0182547_19495227.jpg

随神門
国の重要文化財です。
b0182547_19514118.jpg

ここでお詣りしましたが、拝殿?
b0182547_19550424.jpg

国歌「君が代」に歌われたさざれ石
b0182547_19584145.jpg
さざれ石は大きな神社なら結構あちこちにあるみたい。

拝殿
b0182547_20002692.jpg

伊賀八幡宮の絵馬
b0182547_20011926.jpg

拝殿の前まではいでんのが残念
b0182547_20022495.jpg


社務所で御朱印を頂きました。
b0182547_20033451.jpg

東照大権現とは徳川家康のことです。



✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

伊賀八幡宮のHPより

伊賀八幡宮は、
松平四代親忠(ちかただ)公が、松平家(徳川家の祖)の子孫繁栄の守護神『氏の神』として、
創建なされた神社です。
文明2年(1470)のことで、今から500年あまり前の戦国時代の只中でした。

徳川幕府の三代将軍となった家光公は、先祖伝来の守護神である伊賀八幡宮に、
祖父東照大権現(徳川家康公)をあわせ祀ることとなされ、御朱印540石を奉納
なさいました。これにより伊賀八幡宮は、日光・久能山とともに、将軍みずから
祀ることをお定めになった、数少ない東照宮の一つでもあります。

御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、東照大権現(徳川家康公)


✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂










[PR]
by shio622 | 2017-02-12 20:04 | 寺社巡り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 知立神社 安久美神戸神明社 >>