砥鹿神社(里宮)

1月25日

年休を頂いて砥鹿神社へ行ってきました。
砥鹿神社は東三河で筆頭格の神社です。

一般国道151号から入ってすぐの駐車場からの参道を歩いていきます。
神門
b0182547_21295503.jpg

えびす社
b0182547_21370378.jpg

えびす社は砥鹿神社の摂社
b0182547_21390109.jpg

えびす社の絵馬
b0182547_21380098.jpg

表神門
b0182547_21410627.jpg

田原凧保存会奉納の田原凧が飾られています。
b0182547_21420145.jpg

太鼓楼
b0182547_21434285.jpg
お寺じゃないので鐘じゃなく、大きな太鼓が鎮座しています。

御本社
b0182547_21452263.jpg

神鹿絵馬殿
b0182547_21461357.jpg

砥鹿神社の絵馬
b0182547_21470526.jpg

境内を一通り巡り、社務所で御朱印を頂きました。

b0182547_21484054.jpg


この後、本宮山頂にある奥宮へ行こうと車を走らせたのですが、
山頂付近、雪が残っていてノーマルタイヤでは危険を感じ
すごすごと帰ってきました。

春になったら行ってきす。


✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

砥鹿神社公式HPより

大己貴命(おおなむちのみこと)をお祀りする三河国一之宮砥鹿神社の里宮である。
その信仰の歴史は千三百年を遡る。
古くから朝廷の崇敬篤く、平安時代には「延喜式内社」に列せられ、
三河国の国司が国内神社に巡拝奉幣する筆頭神社「一之宮」となった。
その後、江戸時代に 入っても周辺藩主の信奉篤く、また明治四年には
国幣小社に列せられた。


海抜七八九メートル、連なる峰々を越え東三河の平野に聳え立つ本宮山。
神代より砥鹿の大神様が鎮まります霊山である。


✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂















[PR]
by shio622 | 2017-02-03 21:51 | 寺社巡り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 田縣神社 豊川稲荷 >>