金閣・鹿苑寺

今回のさわやかウォーキングでどうしても寄りたかった金閣・鹿苑寺

金閣寺に来るのは小学校の修学旅行と、社会人になって会社の社員旅行の2回
小学校の時のことは記憶の片隅にしかないし、社員旅行の時も雨空の下
ツアーガイドから「ここが撮影ポイントですよ」と言われてカメラに収めたんだか
何だか記憶も定かでない。
写真が残ってないから、多分駆け足で通り過ぎたんだろう

今回は一人で誰からも束縛されない自由な身
レンズを広角のズームレンズ1本しか持ってない不自由さはあるが、
なに、記録として撮っておくだけだから我慢ガマン

唐門
b0182547_17352296.jpg

撮影スポットにはやはり沢山の人
それでも、比較的空いている方じゃなかったか知らん?
b0182547_17390527.jpg

天気が良くて金閣がまぶしかったですよ
b0182547_17415148.jpg

少し移動して
b0182547_17425254.jpg

撮影しながら先へ先へと進みます
b0182547_17433723.jpg

いや~
堪能しましたえ
b0182547_17441671.jpg

金閣寺の御朱印所は出口近く。
御朱印を頂く外人はいないためか、案外すんなり頂けました。

b0182547_17471839.jpg




✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

入場料を払ったときに頂いた資料から

金閣・鹿苑寺の歴史

お釈迦様の舎利(お骨)をまつった舎利殿「金閣」が特に知られ、金閣寺と呼ばれていますが
正しくは「鹿苑寺」と言い、臨済宗相国寺派の禅寺です。
この地は、鎌倉時代に西園寺公経の別荘「北山第」がありましたが、足利三代将軍義光が
気に入り、応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、山荘「北山殿」を造りました。
金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、室町幕府は中国(明国)
との交易を盛んに行い、北山文化の中心として発展しました。
義満没後、遺言により夢想国師を開山(初代の住職)とし義満の法号鹿苑院殿から二字をとり
鹿苑寺と名づけられました。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂



[PR]
by shio622 | 2017-01-29 17:48 | 寺社巡り | Comments(2)
Commented by goldfish3003 at 2017-01-30 16:01
こんにちは。
順調に御朱印が増えていっていますね。
御朱印帳を始めてから金閣寺は訪れていないので、こちらで拝見するまで
どのような御朱印なのか知りませんでした。(なぜか銀閣寺は2度も頂いてるんですが)
さすが、立派ですね。
それに良いお天気で、青空に金色が美しくて、こちらも清々しい気持ちになりました。
Commented by shio622 at 2017-01-30 22:58
>金魚さん
私は逆になぜか銀閣寺には一度も行ってないんですよ。
哲学の道を歩いて近くまで行っているのにねえ・・・
金閣寺の御朱印に書かれている舎利殿って言うのが金閣寺そのものを表しているなんて
資料を見なきゃ知らなかったわん
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 龍安寺 わら天神社 >>