二川伏見いなり

二川伏見いなりの創祀は京都・伏見稲荷大社から御分霊を頂いた
明治43年と比較的新しく、当初は豊橋市松葉町で布教が行われたが
手狭となったため、昭和2年に現在の地に遷った。

境内には御衣黄桜が20本植えられており、4月初旬の満開の時期には
何度か訪れたことがあるのだが、御朱印を頂きたくて季節外れの
この時期に行ってきました。

b0182547_22542437.jpg

訪れたのは今年一番の寒波が襲った後の1月15日
手水舎の水も凍っていました。
b0182547_23204880.jpg

本殿の裏山には6ヶ所の峯社と摂社、末社がお祀りされていて
それらをぐるりと巡るのは山の清澄な空気と相まってちょっと
独特な気持ちになります。
b0182547_22544566.jpg


b0182547_22590598.jpg
一ノ峰 末大神 芸能の神
b0182547_23023901.jpg

こんな感じの小さな社が11社



頂いた御朱印

b0182547_23053629.jpg

神道伏見稲荷東洋大教会(二川伏見いなり)
豊橋市大岩町西郷内160

JR東海道線二川駅より徒歩8分





[PR]
by shio622 | 2017-01-21 23:08 | 寺社巡り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東田神明宮 牟呂八幡宮 >>