龍岳院(1月)

龍岳院は曹洞宗のお寺
ご本尊は摩利支尊天らしい
と言うのも曹洞宗のお寺ではお寺によってご本尊が違うことがよくあるそうです
田原の実家が浄土真宗の私には良く分かりませんが
それと
新城市は曹洞宗のお寺が多いなって言うのが私の感想。

さて

このお寺のことを知ったのはあるブログを見てのことだが、
オリジナリティ溢れる御朱印を頂きたくて、
しかも御朱印は毎月変わるらしい・・・



龍岳院は地方にあっては当たり前の大きさのお寺
b0182547_22083280.jpg

入口の石板
訪れる人にやさしく語り掛けます
b0182547_22125903.jpg

山門
b0182547_22145957.jpg


龍岳院本堂
御朱印の授与はこの中で行われていました。
b0182547_22160419.jpg
正面が閉め切っていたのは寒さから本堂内を守るため。
お客さんを温かくもてなしたいという配慮から

撮影は自由になさってくださいと言われたけど
遠慮してこの1枚だけ
b0182547_22183863.jpg
写真右側に椅子が並べられています。
これは御朱印の出来上がりを待つ待合室みたいなもの

龍岳院のご住職は有名な書家
去年1年分の御朱印をしたためた御朱印帳が閲覧用に置かれていたので
ぱらぱらと見させていただきます。

龍岳院オリジナルの御朱印帳も販売されているんだけど、あいにく品切れで、
代わりに何も書いてない表紙に好きな言葉を入れるサービスも好評。

書いていただいた言葉
楽しみが進みますよう
b0182547_22454575.jpg
他の方はペットの名前を書いてもらう人が多かったです。
と言うのも、ここは動物愛護を支援しているお寺。
飼い猫も福井県越前市の御誕生寺から引き取ってきた猫だそうです。
その猫ちゃん、人懐っこくて足元にきてスリスリ
じっとしていないから写真を上手く撮れなかった。
いつか撮ってやる~


さて、番号札で7番の私
一人ひとり、会話をしながらゆっくりと書いていくのと
表紙に書いてもらった墨の乾く時間の待ち時間を合わせて
1時間ほど掛かりましたが
やっと手にした御朱印

b0182547_22541324.jpg

そして1月はこれ
b0182547_22535915.jpg

とりの一年

そして、とりの絵も ”と” と ”り” で出来ています。

もう、ご住職ったらお茶目なんだからあ


ああ
こんなの頂いたら2月も行かなくっちゃな










[PR]
by shio622 | 2017-01-14 22:59 | 寺社巡り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 小國神社 鳳来山東照宮 >>